台湾、米国の支援に感謝 ワシントンとの関係を拡大へ=蔡英文総統

© AFP 2022 / Philippe Lopez台湾、米国の支援に感謝 ワシントンとの関係を拡大へ=蔡英文総統
台湾、米国の支援に感謝 ワシントンとの関係を拡大へ=蔡英文総統 - Sputnik 日本, 1920, 08.09.2022
台湾の蔡英文総統は米国の国会議員の代表団に対して、台湾が米国の支援に感謝し、安全保障、貿易、経済の分野で米国との協力を強化すると表明した。
同氏は「中国がこの地域で長期にわたる軍事演習を行っているときに、あなたの訪問に感謝している。これ(訪問)は、台湾に対する米国議会の強力な支持を反映している」と語った。
蔡英文総統は「この機会に、台湾は圧力や強制に屈することはないと友人たちに伝えたい。我々は民主的な価値観と生き方を守る。民主的なパートナーとの協力を積極的に強化し、地域の平和と安定を共同で維持するつもりだ」と述べた。
同氏は米国との貿易および経済関係を拡大したいという台湾の願望を強調した。同氏は、台北とワシントンが21世紀に向けた米台貿易イニシアチブに関する交渉を間もなく開始することを確認した。また、蔡英文氏は、両国が二重課税の回避に関する合意にも署名することを明らかにした。
台湾の旗と中国の旗 - Sputnik 日本, 1920, 05.09.2022
ロシアの専門家 中国と台湾が武力衝突する可能性について語る
これより前、米国務省のベダント・パテル副報道官は、台湾への武器売却は一つの中国の原則に違反しておらず、純粋に防衛目的に役立つと述べていた。
8月2日から3日にかけて、米国のナンシー・ペロシ下院議長が台湾を訪問した。その後、台湾をめぐる情勢はエスカレートしている。台湾を自国の領土とする中国は、ペロシ氏の訪台を台湾分離主義に対する米国の支持とみなして非難し、大規模な軍事演習を開始した。
7日、フランス上院議員団も台湾に到着した。12日まで滞在する。フランス議員団の訪問は、過去1年間で4回目。欧州主要国の議員代表団による訪台は、8月2日から3日に米国のナンシー ・ペロシ下院議長が台湾を訪問して以来、初めて。ペロシ氏の訪台後、さらに複数の米代表団台湾を訪れた。ロイター通信は消息筋の話として、新たに民主党のステファニー・マーフィー下院議員率いる超党派議員団が7日に台湾を訪問すると報じていた。
関連ニュース
台湾 中国の無人機飛来のため、島々の沿岸に対ドローン兵器を配備
米国、台湾への11億ドル規模の武器売却を承認 中国は報復措置を示唆
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала