米国、「中国からの脅威」を撃退するために台湾に武器を供給=ホワイトハウス

© AFP 2022 / Paul J. Richards米国、「中国からの」脅威を撃退するために台湾に武器を供給=ホワイトハウス
米国、「中国からの」脅威を撃退するために台湾に武器を供給=ホワイトハウス - Sputnik 日本, 1920, 14.09.2022
米国は、「中国からの」脅威を撃退するために必要な武器と軍事装備を台湾に供給する。米国家安全保障会議のカービー戦略広報調整官が明らかにした。
カービー氏は「(米国の)現政権下で、台湾への支援を強化していることを思い出してもらいたい」と述べた。これより前、米国当局は9月初旬、台湾にさまざまな種類の武器や軍事装備を11億ドルで売却する意向を発表していた。同氏は「彼らが直面し続けている脅威に対処する手段を彼らに提供する。間違いなく中国(からの脅威)」と主張した。カービー氏は「我々は、台湾の自衛を確保し、この分野で前進することに揺るぎなくコミットし続ける」と述べた。
カービー氏は、軍事支援を含む台湾への支援を包括的に拡大し、アジア太平洋地域の安定を維持しようとするという口実の下で中国に対する制裁を規定する、米国議会が起草した法案に関するバイデン政権の立場について詳しく説明することを拒否した。この法案は、14日に米国上院外交委員会によって検討される予定。カービー氏によれば、米国の行政府当局は「この提案された法案について議員と話し合っている」。
台湾、米国の支援に感謝 ワシントンとの関係を拡大へ=蔡英文総統 - Sputnik 日本, 1920, 08.09.2022
台湾、米国の支援に感謝 ワシントンとの関係を拡大へ=蔡英文総統
これより前、米国務省のベダント・パテル副報道官は、台湾への武器売却は一つの中国の原則に違反しておらず、純粋に防衛目的に役立つと述べていた。米国防総省は米国務省が台湾との11億ドル(約1500億円)の武器取引を承認したと発表した。国防省の文書によると、米側は対艦ミサイル(AGM-84Kハープーン・ブロックⅡ)60基と「関連機器」を約3億5500万ドルで、空対空ミサイル(AIM-9XブロックⅡ・サイドワインダー)約100基を約8560万ドルで供給する。また両国は早期警戒レーダーシステム(6億6540万ドル)の契約延長で合意した。
8月2日から3日にかけて、米国のナンシー・ペロシ下院議長が台湾を訪問した。その後、台湾をめぐる情勢はエスカレートしている。台湾を自国の領土とする中国は、ペロシ氏の訪台を台湾分離主義に対する米国の支持とみなして非難し、大規模な軍事演習を開始した。
7日、フランス上院議員団も台湾に到着した。12日まで滞在する。フランス議員団の訪問は、過去1年間で4回目。欧州主要国の議員代表団による訪台は、8月2日から3日に米国のナンシー ・ペロシ下院議長が台湾を訪問して以来、初めて。ペロシ氏の訪台後、さらに複数の米代表団台湾を訪れた。ロイター通信は消息筋の話として、新たに民主党のステファニー・マーフィー下院議員率いる超党派議員団が7日に台湾を訪問すると報じていた。
米中の国旗 - Sputnik 日本, 1920, 14.09.2022
米、台湾情勢巡り中国に制裁発動の可能性=メディア
関連ニュース
台湾の国会議員らが米国を公式訪問 米代表団による相次ぐ訪台に対する意思表示
日本は地域の平和と安定の破壊者になりつつあるのか?台湾周辺で電子戦を強化する日本政府の計画について専門家が語る
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала