ウクライナ軍兵士を訓練する国家

ロシア軍がウクライナで軍事作戦を開始して以来、欧米諸国はロシアへ前例のない制裁を発動しただけでなく、ウクライナへ多額の軍事支援を供与し続けている。こうした国々は紛争に加担するつもりはないと再三にわたり表明しているものの、その「ウクライナ防衛」への貢献は無視できないものとなっている。
これまでに、ウクライナへ教官を派遣し兵士への訓練を行った国、また、他国へ訓練を受けに行くのを支援した国は以下の通り。
また、欧州連合(EU)は今冬までにウクライナ軍人兵士1万5000人に対して訓練を実施する計画を明らかにしている。
軍事作戦開始後、20カ国以上がウクライナへ軍事支援を行い、計398億ドル以上が投入された。また、ウクライナは今年7月時点で国連より32億ドルの人道支援を受けている。
関連ニュース
特別作戦開始後、ウクライナへ投じた米国の軍事援助額は168億ドル 米国防総省
ウクライナにおけるインフラ施設への攻撃 12日時点の状況
ロシアを非難するために「核レトリック」を用いる西側核大国はどのような条件下で核兵器を用いる可能性があるのか?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала