円安が進行、1ドル=149円台に 約32年ぶりの円安水準

日本円 - Sputnik 日本, 1920, 18.10.2022
17日のニューヨーク外国為替市場では円安が一段と加速し、円相場は一時、1ドル=149円台まで値下がりし、1990年以来、約32年ぶりの円安水準を更した。日本の各メディアが報じた。
米国では大幅な利上げが続くとの見方が広がっている。これに加え、17日、英国で混乱を呼んだトラス政権の税改革がほぼすべて撤回されると発表されたことを受け、財政悪化への懸念が和らぎ、ポンドが買い戻された影響で円を売ってドルを買う動きが強まった。
また共同通信は、バイデン米大統領が15日にドル高を容認する姿勢を示したのを手がかりに、投資家がドルを買う動きを強めたと指摘している。
米国のバイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 16.10.2022
バイデン氏、世界経済の問題の原因がドル高であることを認めず
これらを受け、バブル景気終盤の円安局面だった1990年8月以来、約32年ぶりの円安ドル高水準となった。
また、NHKによると、円相場はユーロに対しても一時、1ユーロ=146円台半ばまで値下がりし、約7年10か月ぶりの円安ユーロ高水準となった。
日銀の黒田総裁は16日、日銀は経済を下支えするため、大規模な金融緩和を続けると表明した。
関連ニュース
ロシアとの経済戦争、米国を脅かすのは世界における影響力の喪失
国民年金、納付45年へ延長検討 受給水準の低下食い止め
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала