ロシア産原油価格上限 ロシア産原油は今後も需要があり、買い手は見つかる=ノバク露副首相

© Sputnik / Maksim Bogodvid石油
石油 - Sputnik 日本, 1920, 06.12.2022
ロシアのノバク副首相は6日、ロシア産原油は常に需要があったと述べ、経済成長と世界の限られた供給を考慮すると、ロシア産原油の買い手は今後も常に見つかると表明した。

「世界の消費、世界の経済成長はエネルギー資源によって保障されるべきだ。世界の原油はそれほど多くなく、ロシア産原油はいままでも、そしてこれからも需要がある。なお、サプライチェーンは変わるだろう。一方、そこにはいかなる悲劇も見当たらない」

ノバク氏によると、ロシア当局は同国産原油価格上限が導入されても、12月のロシア産原油販売は11月の水準にとどまると予想している。同氏は「営利企業は、自分たちの間で相互メカニズムやしかるべき製品の販売を見いだす」と述べた。
ノバク氏はまた、ロシアは状況の不確実性を背景に原油を減産する可能性があるが、大きな減産にはならないと表明した。
スプートニク通信はこれに先立ち、ロシア産原油の価格に上限を設ける措置の内容や、これに対してロシアがどのような対応をとる可能性があるかについて報じた。
関連記事
ホワイトハウス、原油価格上限に対するロシア政府の反応についてコメント
日本政府、今日からロシア産原油の上限価格超の取引禁止 サハリン2は対象外
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала