- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

黒のベールはもういらない=ワリエワ

© Sputnik / Александр Вильф / メディアバンクへ移行黒のベールはもういらない=ワリエワ
黒のベールはもういらない=ワリエワ - Sputnik 日本, 1920, 25.12.2022
カミラ・ワリエワ選手はクラスノヤルスクで開催されたロシア選手権のフリースケーティング(FS)終了後、黒のベールで顔を覆うパフォーマンスを披露しなかった。選手権後の記者会見で、「ベールはもういらないと思う」とコメントした。
ワリエワ選手は自身にかけられたドーピング疑惑に対する抗議として、黒のベールで顔を覆うパフォーマンスでプログラムを締めくくっていた。
ワリエワ選手はロシア選手権で銀メダルを獲得、選手権後の記者会見で次のように語った。
「ベールはもういらないと思う。 もう自分の顔は隠さない。1年前のように。これは良い変化だと思う。きっと」
またショートプログラム(SP)ではミスが目立った点については、興奮していたとコメント。FSでは観客のために滑ることができたと喜びを口にした。ワリエワ選手はSPのトリプルアクセル(3A)で回転不足があり、大きく減点され優勝を逃した。
ロシア選手権初出場で初優勝のアカチエワに心境を聞く - Sputnik 日本, 1920, 25.12.2022
フィギュア特集
ロシア選手権初出場で初優勝のアカチエワに心境を聞く
フィギュアスケートのロシア選手権は24日、シベリアのクラスノヤルスクでフリースケーティング(FS)の演技が行われ、期待の新星ソフィア・アカチエワ選手(15)が総合点を249.74点とし、初優勝した。
北京五輪団体戦の金メダリスト、カミラ・ワリエワ選手(16)は、4回転トウループを2本(そのうち1本はダブルアクセルとのコンビネーション)決めるなど、完成度の高い演技を見せ、FSの結果では首位に。だが、前日のショートプログラムで4位発進となったことが尾を引き、総合では247.32点と2位にとどまった。
また、3位には2015年の世界選手権女王でロシアGPシリーズ第4・6戦で連覇しているエリザベータ・トゥクタミシェワ選手(26)が食い込んだ。
関連ニュース
大坂選手、女子スポーツ界の世界長者番付1位を堅持
W杯決勝の主審 メッシの「反則ゴール論争」について語る
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала