日米韓 「北朝鮮のミサイル発射は世界に不安定な影響を及ぼす」

© AFP 2022 / Jung Yeon-Je北朝鮮のミサイル発射
北朝鮮のミサイル発射 - Sputnik 日本, 1920, 22.11.2022
米国、韓国、日本は、北朝鮮によるICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射は地域と世界に不安定な影響を及ぼすと考えている。米国のウェンディ・シャーマン国務副長官と韓国の趙顕東(チョ・ヒョンドン)第1外務次官、日本の森健良外務事務次官が電話会談を行い、声明を発表した。
北朝鮮は18日に新型ICBM(大陸間弾道ミサイル)「火星17型」を発射した。北朝鮮は19日付の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」で、金総書記の立ち会いのもと、「火星17型」の発射実験が行われたと発表した。これを受けて21日、国連安保理では緊急会合が開かれる予定。
日本外務省の発表では、三者はミサイル発射を強く非難した上で、「北朝鮮が前例のない頻度や態様で挑発行為を行っていることは、日本及び韓国を含む地域の安全保障にとって重大かつ差し迫った脅威であり、且つ、国際社会に対する明白かつ深刻な挑戦である」と述べられている。
北朝鮮 - Sputnik 日本, 1920, 21.11.2022
北朝鮮が国連事務総長に遺憾を表明 G7外相はミサイル発射を非難
さらに、日米韓三か国は、北朝鮮の「挑発行為」に対応するべく意思疎通を図っていくことの重要性を確認し、国際社会が一丸となって、複数の国連安保理決議に継続的かつ大胆に違反する北朝鮮の責任を追及する必要性を強調した。また北朝鮮に対し、持続的で誠実な対話に臨むよう呼びかけたという。
先に、米国のリンダ・トーマスグリーンフィールド国連大使は、ロシアと中国が北朝鮮のミサイル実験に対する安保理の対応を妨げていると非難した。
関連ニュース
韓国は、北朝鮮の大規模なミサイル攻撃を撃退することはできないだろう=専門家
北朝鮮、岸田首相のミサイル発射非難に反発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала